新着情報

 
第71回日本美術教育学会学術研究大会 瀬戸内大会が8月...日誌
パブリックスペース
06/24 00:33
美術教育オンライン連続セミナー(全6回)日誌
パブリックスペース
06/15 09:32
入会のご案内と手続き掲示板
パブリックスペース
06/10 18:42
2022年度 第1回京都支部会を開催します。日誌
パブリックスペース
05/11 11:37
aesj編集部員の募集を締切ります日誌
パブリックスペース
05/05 16:15
最新情報
1234
2022/06/24

第71回日本美術教育学会学術研究大会 瀬戸内大会が8月に開催されます

固定リンク | by:事務局
既に会員の皆様には届いているかと思いますが、
第71回日本美術教育学会学術研究大会瀬戸内大会が
8月18日(木)・19日(金)に香川県高松市の香川大学幸街キャンパスで開催されます。

ホームページには参加申込フォームが作られておりますので
参加ご希望の方は、このフォームからお申し込みください。
尚、新型コロナウィルス感染防止の為、予約制となっており、当日受付は行っておりません。
参加をされる方は、必ず事前にお申し込みください。
参加申込の締切は8月8日(月)です。


開催日程 2022年8月18日(木)・19日(金)・20日(土)
会  場 香川大学幸町キャンパス(北4号館)
大会テーマ “あいだ”としてのアート-生活・遊び・学び-
◇基調提案 鳥越 亜矢 (中国短期大学保育学科 准教授)
◇共同討議 コーディネーター 森 弥生(一般社団法人みるを楽しむ!アートナビ岡山・岡山大学非常勤講師) 
       パネリスト 多田俊二郎氏(一般財団法人さぬき生活文化振興財団 代表理事)
             田野 智子氏(特定非営利活動法人ハートアートリンク 代表理事)
             三井 文博氏(特定非営利活動法人アーキペラゴ 代表理事)
◇記念講演 篠原資明氏(前 高松市美術館 館長)
        「新しみつつ振りかえる-現代アートの経験から」
◇懇親会 夕凪の湯HOTEL 花樹海 香川県高松市西宝町3丁目5番10号
◇参加費 会員 4,000円 一般 4,500円 学生 1,500円
 懇親会費 8,000円
 お弁当 1日1,000円(香川県立三本松高校のユニークな教育事業「学校食堂プロジェクト」で行っている、生徒が作るお弁当。
           お茶は付いていません。)
 エクスカージョン 10,000円
☆参加事前申込み締切 8月8日(月)お申込み先☞日本美術教育学会事務局 HP http://www.aesj.org
◇参加費等振込先 郵便局口座番号 00930-1-96033 口座名称 日本美術教育学会
         (他金融機関から)ゆうちょ銀行 〇九九店 当座 96033 日本美術教育学会

注)*事前申込みのみで、当日受付はありません。
  *1日のみの参加の割引はありません。
  *オンライン開催(ZOOM)開催の場合も同額です。
  * 1 美術科教育学会および大学美術教育学会の会員の方は参加費が本会員扱いとなります。


※松岡先生の研究論文の書き方セミナーのタイトルですが「研究論文の書き方初級セミナー〜査読の観点を中心に〜」が正しいタイトルです。
お昼休みの間の、約30分を使って行います。
詳細はまたホームページでお知らせしますが、査読論文を書こうとされている方には魅力的なセミナーだと思います。是非ご参加を!

※新型コロナウィルス感染状況により、オンライン開催に変更する場合は7 月30 日に学会HP でお知らせします。

 体調不良時には決して無理をせず、参加を取りやめてください。
 大会会場内や懇親会における感染対策にご協力ください。
 大会会場内で体調不良となった場合には速やかに大会実行委員にお知らせください。


会場内における感染対策
 ・受付前にて必ず体温測定し、手指のアルコール消毒をして会場にお入りください。
 ・分科会会場では発表後に室内をアルコール消毒します。
 ・会場内で昼食をとる場合には黙食をお願いします。また、会話時にはマスクの着用をお願いします。


















00:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/15

美術教育オンライン連続セミナー(全6回)

固定リンク | by:事務局
 2022年度の新たな事業として、当学会のブロック委員、支部長企画による美術教育連続セミナーを開催することになりました。
 会員限定の企画ですので、奮ってご参加ください。
(学会ホームページで連続セミナーの詳細をお伝えしますので、ご確認ください)

コーディネーター:理事 新関伸也(滋賀大学)・大橋功(岡山大学)
            松岡宏明(大阪総合保育大学)・藤田雅也(静岡県立大学短期大学部)

第1回(北海道・東北ブロック担当)
2022年7月17日(日) 13:00~14:00
積み木(アナログ)か、タブレット(デジタル)か、どっちで「ものづくり」?
橋本忠和(北海道教育大学)

21世紀を生きる子供たちにとってデジタル機器を活用した、情報収集、もの・ことづくりは避けて通れない学びと思われます。一方、過度の使用は、スマホ依存や健康への悪影響が心配されています。さて、今後、例えば、積み木(アナログ)とタブレット(デジタル)をどのように使って「ものづくり」を子ども達とおこなっていけばよいのか、考えてみたいと思います。


第2回(関東ブロック担当)
2022年8月27日(土) 14:00~15:00
子供から大人までの美術教育
詫摩昭人(和光大学)

これまでの自身の子供や大学生への実践を紹介し、子供と大人との制作上の共通点と相違点について確認し、造形教育のあり方を述べます。キーワードは、絵画と現代美術です。自己紹介的な内容も含みます。


第3回(中部ブロック担当)
2022年9月3日(土)14:00~15:00
こどもの生活や遊びの中に「造形」「表現」を看る-こどもの学びを妨げないために-
森田ゆかり(金城大学短期大学部)

就学前のこどもの「造形」「表現」について語ります。「こども主体」と言いながら、大人の都合・認識不足・誤解などによる「ズレ」がとても多く、その「ズレ」への気づきが保育・教育現場に風を入れる糸口になると考えています。


第4回(近畿ブロック担当)
2022年10月16日(日) 15:00~16:00
造形活動における幼児と支援者の在り方
香月欣浩(四條畷学園短期大学)

造形活動中、幼児は自分を取り巻く環境の中で、どのように思考し、活動を進めているのか、また支援者は幼児をどのように捉えて、活動を支援しているのか。実際の幼児造形活動事例から考察します。またご参加の皆さんからもご意見を頂戴し、多様な子ども理解を深めます。


第5回(中国・四国ブロック担当)
2022年11月19日(土)14:00~15:00
心をゆさぶる保育のきっかけ-“やったらダメ”・日常と非日常・問い直し-
鳥越亜矢(中国短期大学)

何かに興味を持ち、ドキドキワクワクと心が躍り楽しくなるきっかけには、何かしら心揺さぶられる瞬間があるのではないでしょうか。その要因を“やったらダメ”なことや非日常性に焦点化して、造形表現活動を中心に保育内容を問い直したいと思います。


第6回(九州・沖縄ブロック担当)
2023年3月19日(日) 15:00~16:00
私の教員・保育者養成について
中川 泰(長崎大学)

長崎大学と長崎県美術館との18年間にわたる博学連携を中心にお話をしたいと思います(詳細については未定)。


開催形態
 リアルタイムのオンライン(ZOOM)による講義が40分、質疑が20分となります。

■参加方法(参加費無料/随時受付)
 本学会会員を対象としています。「ミーティング招待」を受けたいメールアドレスをお知らせください。「ミーティング参加URL」をお知らせします。

■参加申し込み・お問い合わせ
 honbu@aesj.org  




 




09:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/11

2022年度 第1回京都支部会を開催します。

固定リンク | by:事務局
※昨今の状況を鑑みて、密を避けるために京都支部会員のみ、参加可能です。
 申し訳ございません。

日時 6月11日(土曜日)14:00~17:30(予定)(受付は13:30~)
場所 京都デザイン&テクノロジー専門学校(堀川五条西へ約300m南側)


議題
1.新支部組織とこれからの研究活動
   細谷僚一(京都デザイン&テクノロジー専門学校 校長)
これまで永く本支部会長としてご尽力いただいた細谷僚一先生より、新支部組織と広い視野から鳥瞰した、これからの研究活動などについて提案いただきます。


2.新支部長挨拶
   足立 彰  京都教育大学附属京都小中学校 教諭
新支部長より新しい研究組織などと併せて、これからの本支部研究会の在り方などご挨拶させていただきます。


3.講演「‘共にみる’ことを求めて」日野陽子(京都教育大学 准教授)
 学生時代、美術教育の研究を通して人智学と現象学を学んだ私は、ルドルフ・シュタイナーが『神智学』の中で述べたことをずっと胸に秘め、その後20年以上,盲学校や視覚障害がある人々と交流を深めてきました。
 盲目に生まれた人々に、目に見える世界について語りかけることは、人間の本質や人類の将来に関わろうとすることである。そして「正しい意志をもってのぞむなら、どんな人でも「眼を開く」ことができる」といったシュタイナーの言葉です。
 彼等と共に美術と向き合うことで何が起き、何が生まれたのか。昨年の学会で西平先生にお会いし、実に久しぶりに自分にとってのシュタイナーを思い出すこととなり、貴重な機会をいただきました。この度はそこからお話を始めたいと思います。


4.退会者 感謝の会 退会される皆様へ


5.専門学校説明会・学者見学会(希望者のみ)
この分野の専門学校では、教育内容や方法及び施設設備では国内で最も新しくものだとされ、大変注目されているようです。





11:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/05

aesj編集部員の募集を締切ります

固定リンク | by:事務局
aesj編集部員への多数の応募、ありがとうございました。
募集を終了致します。

2022年度、新しい体制で編集部はスタート致します。
ご協力のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

16:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/04/15

お詫び 瀬戸内大会申込のメールアドレスが間違っていました

固定リンク | by:事務局
日本美術教育学会 会員のみなさま

日頃は当学会へのご理解ご協力を賜り、有難うございます。

さて、皆様にお配りした「第71回日本美術教育学会 学術研究大会 瀬戸内大会」の
一次案内の中に記された大会での研究発表の
申込先のE-mailアドレスに間違いがございました。
大変申し訳ございません。


表記されたアドレスは office-setouchi@aes.org ですが
正しくは office-setouchi@aesj.org  です。

aesj」でないといけないのに、「aes」だけで終わってしまっております。
従いまして、申込をされても、
「メールが届かない」と表示されたものが返ってきてしまうと思われます。


正しいメールアドレスは、
「office-setouchi@aesj.org」です。


訂正して、お詫び申し上げます。
大変ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

18:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2022/04/07

aesj編集部員の募集について

固定リンク | by:事務局
 日本美術教育学会編集部では、新しいメンバーを募集致します。

 現在の体制が不十分なわけではないのですが、日本美術教育学会の活動をより多くの方に深く体感していただきたい思いからの募集です。
 研究者、現場の先生方、社会教育の場の方、その他におられる方、院生など、お立場は問いません。大会記録を含む学会誌の編集(校正)が主な業務です。責任ある立場として、自ずと多くの講演、実践報告、論文に触れることになりますので、学びは大きく、読む力もつきます。それは自ら発表する力、書く力に変換されていきます。何より、楽しいですね。

 集まる機会は2回。大会時と最終編集委員会です。ここ2年は、リモートで実施してきました。編集部、松岡宏明(h-matsuoka@jonan.ac.jp)までご連絡下さい。お待ちしております。

08:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2022/04/04

瀬戸内大会で研究発表をお考えの方へ

固定リンク | by:事務局
★瀬戸内大会での研究発表を希望される方へ まずはエントリーをお願いします!★
申し込み締切 4月30日(土)23:59まで 
申し込み先 E-mail:office-setouchi@aesj.orgまで


研究発表申込時に添付する資料は以下の所にあります。
必ずこのフォーマットで申し込んでください。
ホームページ→資料等ダウンロード→研究発表申込関係の所にある
・学術研究大会発表申込要領2022.doc
・発表概要フォーマット.docx をダウンロードしてこれに記してメールに添付の上、申し込むこと

・発表資格 
 ①発表者は会員であること。( 共同発表の場合、 発表者全員が日本美術教育学会会員であること)
 ②会費の滞納がないこと。( 申込までに令和4年度までの会費の納入を済ませて下さい)
 ③当学会に1年以上在籍していること。学生の場合、担当教員の推薦状を提出。
 ④通常発表を行いますが、オンライン(ZOOM)発表にも対応が可能な方。
 ⑤大会終了後、学会誌『 美術教育』 の大会記録ページに報告原稿を執筆することを了解し、締切までに提出すること。以上5点を満たす人。

・申込方法  氏名、所属及び肩書き、会員ID、電話番号(携帯)、研究発表の題名、以上5項目を表記し、必ず連絡の取れるメールアドレスから(携帯やスマホのメールアドレスは不可)、発表要項(HPよりダウンロードしてください)を添えて上記、瀬戸内大会実行委員会のメールアドレスにお申込みください。 


・お問合せ先 瀬戸内大会事務局までE-mailで。office-setouchi@aesj.org

14:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/04/04

瀬戸内大会のご案内(一次)

固定リンク | by:事務局
第71回  日本美術教育学会  学術研究大会 瀬戸内大会

 ◇大会テーマ
“あいだ”としてのアート ―生活・遊び・学び―

記念講演 8月18日(木)
 篠原資明氏(前高松市美術館  館長)
共同討議 8月19日(金)
 パネリスト  多田俊二郎氏(一般財団法人さぬき生活文化振興財団  代表理事)
        田野 智子氏(特定非営利活動法人ハートアートリンク  代表理事)
        三井 文博氏(特定非営利活動法人アーキペラゴ  代表理事)

日 程 2022年8月18日(木)・19日(金)・20日(土)
 1日目:(午前)芸術士Rワークショップ  (午後)総会、記念講演、研究発表、
           (夕)懇親会現在検討中。2次案内で詳細を連絡します。
 2日目:研究発表、シンポジウム(基調提案・共同討議)
 3日目:エクスカーション(男木島など瀬戸内国際芸術祭会場を巡るクルージング)

会 場 香川大学 幸町キャンパス
 ※新型コロナウィルス感染状況によって通常大会が開催できない場合はオンライン(ZOOM)に切り替わります。
    〒760-0016 香川県高松市幸町1-1
    JR高松駅から車で5分。「ことでんバス」で香川大学教育学部前下車徒歩1分。
    高松空港から車で約30分。
    高松空港リムジンバスで「中新町」または「県庁通り」下車徒歩10~15分。

参加費   一般 4,500円
      会員 4,000円
      学生 1,500円
 ☆参加事前申し込み締切 8月8日(月) ☆当日受付はありません。
 ☆大会参加・学会入会のお申込先?日本美術教育学会事務局 HP ttp://www.aesj.org

注)*事前申込みのみで、当日申込みはありません。
  *1日のみ参加の割引はありません。
  *オンライン(ZOOM)参加の場合も同額です
   ※美術科教育学会及び大学美術教育学会の会員の方は本会員扱いです。


★瀬戸内大会での研究発表を希望される方へ まずはエントリーを!★
申し込み締切 4月30日(土)23:59まで 
申し込み先 E-mail:office-setouchi@aesj.orgまで

・発表資格 
①発表者は会員であること。( 共同発表の場合、 発表者全員が日本美術教育学会会員であること)
②会費の滞納がないこと。( 申込までに令和4年度までの会費の納入を済ませて下さい)
③当学会に1年以上在籍していること。学生の場合、担当教員の推薦状を提出。
④通常発表を行いますが、オンライン(ZOOM)発表にも対応が可能な方。
⑤大会終了後、学会誌『 美術教育』 の大会記録ページに報告原稿を執筆することを了解し、締切までに提出すること。以上5点を満たす人。
・申込方法  氏名、所属及び肩書き、会員ID、電話番号(携帯)、研究発表の題名、以上5項目を表記し、必ず連絡の取れるメールアドレスから(携帯やスマホのメールアドレスは不可)、発表要項(HPよりダウンロードしてください)を添えて上記、瀬戸内大会実行委員会のメールアドレスにお申込みください。 
・お問合せ先 瀬戸内大会事務局までE-mailで。office-setouchi@aesj.org

主催:日本美術教育学会 
協力:造形芸術教育協議会(美術科教育学会・大学美術教育学会)・特定非営利活動法人アーキペラゴ
後援:香川県教育委員会・高松市教育委員会・岡山県教育委員会(申請予定)


○芸術士Rワークショップ○
日時:2022年8月18日?10:00~12:00
場所:香川大学
定員:30人程度
コーディネート:吉川暢子( 香川大学 教育学部 准教授)

 芸術士Ⓡの活動を50分ほど体験し、一緒に表現について考えましょう。
 体験後には、2名の芸術士?と語り合い、子どもにとって表現することの意味や子どもの表現を育むための他者(保育者、教師)のかかわりについて共に考えることを予定しています。


○エクスカーション○
瀬戸内国際芸術祭(夏季)
大島~男木島の見学

日時:2022年8月20日?  9:30~16:30
場所:高松港より出発
定員:先着30人 事前申込み制
コーディネート:三井文博氏(NPO法人アーキペラゴ 代表理事)

 第5回瀬戸内国際芸術祭(夏季)大島~男木島の見学を予定。高松港からチャーター船で専門のガイドとともに、芸術祭ディレクター北川フラム氏が当初よりこだわったハンセン病の歴史を知る「大島」と、2013年第二回の芸術祭をきっかけに、多くの移住者を生む事となった奇跡の島「男木島」を訪ねます。
※オンライン開催時はバーチャルツアーを実施します。

芸術士Ⓡ紹介
【カタタチサト】ダンサー・演出家・ファシリテーター
 舞踏とモダンダンスを基礎に持つコンテンホポラリーダンサー。約 20 年のキャリアを持ち、踊りだすと何でもない空間をたちまち異世界に変える存在感は、国内・海外でも高い評価を得た。
 舞台出演・振付・演出も行い、主宰するDanceBonBonて?は、多ジャンルアーティストとのコラボレーションを得意とし、風景まるごとアートパフォーマンスになるような SHOW や WS、訪れた人か?自然におこした行動か?舞台作品につなか?っていく舞台公演など、類を見ない劇的空間を創りだす。

【 モーリエール 瞳】
京都精華大学芸術学部美術学科卒業。2009年よりフランス・パリにて出張型美術教室を始める。
 帰国後から現在に至り、各地でワークショップやアトリエを開く。2012年世界の子どもアート活動を主とするArt Link Usを創設、数年後脱退。平面作品を中心に、国内外での作品展示に参加。
 現在、2人の子を育てながら、2016年より芸術士としても活動中。

○宿泊斡旋のおしらせ 
 大会当日は第5回瀬戸内国際芸術祭(夏季)期間中であり、宿泊先の確保が困難な状況が予想されます。そこでこのたびは(株)JTB中国四国 高松支店を通じて宿泊斡旋を行います。ぜひご利用ください。詳細は学会HPまたは2次案内でお知らせします。

13:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2022/03/26

異動や転居がある場合は早めにご連絡を!

固定リンク | by:事務局
桜の開花宣言が聞かれる季節となってまいりました。

日頃は、日本美術教育学会の運営に関しまして
皆様のご理解ご協力を賜り感謝しております。

桜の季節は異動の季節でもございます。
年度末年度始めに向かい、異動がある方。
またその異動に伴い住所変更がある方は、早めにご連絡をください。

3月末に学会誌「美術教育」が発行され、
現在その発送の為の諸準備をしております。
例年、数人の方の異動が届け出ていないが故の
返送がございます。

その場合は、学会事務局より連絡をして
新しい住所を教えていただくのですが
何分にも時間がかかってしまいます。

もし、今年、瀬戸内大会での研究発表を考えていらっしゃる場合は
特に住所変更がある場合は、お知らせください。

お知らせ先は
honbu@aesj.org まで!

(3月29日中でしたら、変更は間に合います!)

08:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2022/03/14

教育学関連学会連絡協議会から緊急セミナーのお知らせ

固定リンク | by:事務局
教育関連学会連絡協議会より案内がありましたので、共有させていただきます。

この度は日本教育学会・国際交流委員会主催、日本比較教育学会・国際交流委員会ならび
に国際開発学会・グローバル連携委員会の共催によって、オンラインで緊急セミナー
「ウクライナ情勢を考える:教育学に何ができるか?」を開催いたします。
どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください。
開催までの時間が短くなっておりますが、学生さんなど周りの方へご周知いただければと
思います。よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

日時:2022年3月24日(木) 15:00~16:30
開催形式:オンライン開催(Zoomウェビナー)
事前申し込み制:
 3月23日(水)14時までに、下記のフォームにお申し込みいただいた方へZoomウェ
ビナーの参加方法のメールをお送りいたします。

  https://forms.gle/yR1ECUNpuTUBB2LF6


   緊急セミナー「ウクライナ情勢を考える:教育学に何ができるか?

 「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築か
  なければならない。」(ユネスコ憲章・前文、1945年)

現在、ロシアによるウクライナへの侵攻が続き、多くの人命が失われています。国外
に脱出できない人も多く、また、国外に逃れることができた人々にも難民としての
厳しい現実が待っています。こうした状況に対して、教育学に携わる者として何が
できるのでしょうか。教育学が、直接的に戦争を止めることはできないかもしれま
せん。しかし、少なくとも、教育と平和の問題について、いま私たちはより深く考
えるべきではないでしょうか。冒頭に引用したユネスコ憲章の前文は、平和な世界
を実現するうえで、人の心に働きかける営みとしての教育の重要性を訴えています。

こうした問題意識にもとづき、日本教育学会・国際交流委員会として緊急セミナー
を開催することに致しました。このセミナーでは、これまで国連機関の教育担当官
や国際協力機構(JICA)の専門家としてボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボ、アフ
ガニスタンなどの紛争経験地域において教育協力事業に携わってこられた、上智大
学教授の小松太郎先生にご登壇いただきます。小松先生は、紛争の影響を受けた国
や社会における教育復興に関する豊富な実務経験を有すると共に、Comparative
Education ReviewやComparative Educationといった比較教育学の国際的なトップ・
ジャーナルに精力的に研究成果を発表されるなど、教育と平和に関わる学術領域で
国際的に活躍されています。

今回は緊急セミナーということもあり、オンラインによる対談形式で開催します。
基本的に、主催者側から小松先生に質問を投げかけるという形で、紛争中・紛争後
における教育のあり方や紛争防止としての教育の役割などについて議論していきま
す。また、可能な範囲とはなりますが、セミナーをご視聴の方々からも質問やコメ
ントを提起していただければと思っています。

なお、本セミナーは、日本教育学会・国際交流委員会の主催、日本比較教育学会・
国際交流委員会ならびに国際開発学会・グローバル連携委員会の共催によって、開
催致します。

主催:日本教育学会・国際交流委員会
共催:日本比較教育学会・国際交流委員会、国際開発学会・グローバル連携委員会

プログラム:
主催者代表の挨拶 小玉重夫 日本教育学会会長/東京大学教授
対談       小松太郎 上智大学教授 × 北村友人 東京大学教授
質疑応答

講演者のプロフィール:
小松太郎 上智大学総合人間科学部教育学科・教授
上智大学卒業、ロンドン大学LSE修士、ミネソタ大学博士。JICAパキスタン事務所、
ユネスコ・パリ本部教育局、国連コソボミッション教育局、ユネスコ・サラエボ
事務所、九州大学大学院准教授を経て、現職。研究分野は、開発途上国や紛争後
社会の教育政策・教育行政と平和構築。
専攻 国際教育開発学
著作 『教育で平和をつくる-国際教育協力の仕事』(2006年)岩波ジュニア新書、
『途上国世界の教育と開発-公正な世界を求めて』(編著、2016年)上智大学出版社

*対談者の北村は、日本教育学会・国際交流委員長、日本比較教育学会・国際交流
委員長、国際開発学会・グローバル連携委員長を務めています。

17:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
1234